診療・治療

Treatment

耳鼻咽喉科

担当医

  • 湯本 英二 【専門分野】
    • 耳鼻咽喉科疾患一般・喉頭疾患・鼻副鼻腔内視鏡外科
    【所属学会・認定医・専門医】
    • 日本耳鼻咽喉科学会(認定専門医・代議員)
    • 日本気管食道科学会(専門医・顧問)
    • 日本音声言語医学会(顧問)
    • 日本喉頭科学会(常任理事)
    • 日本口腔・咽頭科学会(理事)
    • 日本嚥下医学会(理事)
    • 日本鼻科学会
    • 耳鼻咽喉科臨床学会(常任運営委員)
    • 日本甲状腺外科学会(専門医・名誉会員)
    • 西日本音声外科研究会(世話人)
    • American Laryngological Rhinological and Otological Society(Associate Fellow)
    • Collegium Otorhinolaryngologicum Amicitiae Sacrum(CORLAS)(Senior Member)
    • Laryngoscope(Editorial Board)
  • 菅村 真由美 【専門分野】
    • 耳鼻咽喉科疾患一般・神経耳科学・めまい
    【所属学会・認定医・専門医】
    • 日本耳鼻咽喉科学会(認定専門医・補聴器相談医)
    • 日本めまい平衡医学会(めまい相談医)
    • 日本耳科学会

日本耳鼻咽喉科学会認定耳鼻咽喉科専門医による診療を月曜日~金曜日まで行っています。

耳鼻咽喉科は、聴覚、嗅覚、味覚、鼻呼吸、摂食と嚥下、発声など、普段は意識しないけれど日常生活に欠かせない大事な機能を取り扱う診療科です。耳・鼻・のど(咽頭)・声帯(喉頭)だけでなく、頸部(くび)、顔面(骨折などを含む)、唾液腺、甲状腺など頭頸部の多数の疾患を診療しています。※1

現在の耳鼻咽喉科は、最先端技術を駆使して診断を行い、患者様への分かりやすい説明や治療方針の検討などに使っています。 たとえば、耳の診察には顕微鏡(写真-1)、鼻の診察には内視鏡、のど(咽喉頭)の診察には電子スコープ(写真-2)を使い、病変部を数倍に拡大して詳細に観察します。

当科では、耳、鼻・副鼻腔、口腔、咽頭、喉頭(声帯を含む)の疾患だけでなく、頸部や唾液腺・甲状腺の疾患の治療を行っています。

当院には放射線治療設備がありませんので、頭頸部のがんの多くは大学病院に治療を依頼しています。一部の早期のがんに限れば当科で治療できることがありますのでご相談ください。

お願い:当科ではできるだけ、患者様のご要望にそえるよう努力しております。しかしながら個々のケースに関しての具体的な医療相談は、とくにメール、電話、ファックス等を通じてのものは、誤解・誤診を生じるおそれがあり、お答えしておりません。外来を受診してご相談ください。

※1 耳鼻咽喉科診療範囲

  • 【写真-1 顕微鏡での耳の診察】
  • 【写真-2 電子スコープでの喉頭(声帯)の診察】

耳鼻咽喉科手術例数

喉頭疾患(98名)
声帯ポリープ、のう胞、ポリープ様声帯、喉頭乳頭腫、反回神経麻痺
けいれん性発声障害、気道狭窄、誤嚥防止術など
鼻副鼻腔疾患(132名)
慢性副鼻腔炎、鼻茸、副鼻腔のう胞、鼻副鼻腔乳頭腫
鼻中隔彎曲症、アレルギー性鼻炎、眼窩吹き抜け骨折など
甲状腺腫瘍、耳下腺腫瘍(8名)
その他(11名)
計 249名(2016年4月~ 2019年12月)

朝日野総合病院へのお問い合わせ