がん患者サポート(緩和ケア)チーム

朝日野総合病院ホーム > チーム医療 > がん患者サポート(緩和ケア)チーム

チームの概要

緩和ケアとは

緩和ケアとは、重い病を抱える患者やその家族一人一人の身体や心などの様々なつらさをやわらげ、より豊かな人生を送ることができるように支えていくケアです。


がん患者サポート(緩和ケア)チームとは

がん診療に携わる医師、看護師、理学療法士(PT)、作業療法士(OT)、言語療法士(ST)、管理栄養士、薬剤師、MSW(医療ソーシャルワーカー)等がチームとなって、がん患者様とそのご家族をそれぞれの立場から支援する組織です。

メンバー


職 種 人数
医師2
看護師3
理学療法士(PT)3
作業療法士(OT)1
言語療法士(ST)1
管理栄養士1
薬剤師2
医療ソーシャルワーカー(MSW)1
活動内容
多職種のスタッフが協力し、緩和ケアを実施しています。
がん患者様の痛みや症状について話し合います。
患者様のいろいろな症状をまとめて評価するために「生活のしやすさ」に関する質問表を用いており、質問表を基にカンファレンスを行っています。
入院・退院される患者様の情報共有を行い、ケアが切れ目なく提供されるよう努めています。

生活のしやすさに関する質問表


カンファレンス風景

活動報告

リレー・フォー・ライフ・ジャパン2018くまもとリレー・フォー・ライフ・ジャパン2019くまもとに参加しました。
リレー・フォー・ライフとは、「がん患者は24時間がんと向き合っている」という想いを共有し〝ともに歩き、語らうことで生きる勇気と希望を生み出す“支援をするイベントです。
当院もブースを設け、多くの方に足を運んで頂きました。

がん患者サポートチーム
参加メンバー集合写真
2018年5月12日、13日 場所:白川公園


当院ブースにてアロマルームスプレー、
ロコモチェック、栄養相談実施風景
2019年5月18日、19日 場所:白川公園

チーム医師より


片渕 茂
院長補佐

 緩和ケアチームのメンバー(担当医、看護師、理学療法士など)が関わった患者さまで痛みやその他の苦痛(息苦しさ、倦怠感、気持ちのつらさなど)をもっている患者さまから、苦痛を聞きとり、苦痛を緩和することを多職種によるチームとして取り組んでいます。


清水 直子

 がん患者さまの痛み、つらさに対し、ペインクリニック(痛みの診療科)医師の立場からお手伝いをいたします。
 当チームにはいろいろな職種がそろっています。皆で協力してお一人お一人に合わせたケアを行います。
朝日野会