ペインクリニック

ペインクリニックとは

ペイン(pain)は、英語で「痛み」を意味します。ペインクリニックは、痛みの診断や治療を行う診療科です。

「痛み」は、体にとって大切な防御機能です。ケガや病気があれば痛みが生じ、異常に気づいて治療のきっかけになります。しかし、長引く痛みは「痛みの悪循環」を起こして慢性化したり、心身ともに悪影響を及ぼすこともあります。

ペインクリニックでは、整形外科など他の診療科と連携をとりながら、他科的な治療は必要としないけれど痛みが続く場合などにも、原因を探しながら痛みを取り除く治療を行っていきます。

ペインクリニックの対象となる病気

「痛」の付く病気すべて

頭痛や顔面痛、肩痛(五十肩や肩こりなども)、腰痛、上肢・下肢痛、三叉神経痛、肋間神経痛、坐骨神経痛、帯状疱疹後神経痛などの神経痛、癌性疼痛、末梢(手足の)血行障害など。
その他、痛みを伴わない疾患として、顔面神経麻痺や突発性難聴など

主な治療法

神経ブロック
痛みの原因となっている神経の近くに局所麻酔薬を注射して、痛みを取り除き、周囲の組織の血流を改善する治療法です。星状神経節ブロックや硬膜外ブロックなど、症状や痛みの部位に合わせてさまざまな神経ブロック法があります。
薬物療法
消炎鎮痛薬や麻薬性鎮痛薬の他、鎮痛補助薬として抗けいれん薬や抗うつ薬なども使用します。漢方薬なども症状に合わせて使用します。
顔面けいれんの治療「ボトックス」
顔や目のけいれん(眼瞼けいれん・片側顔面けいれん)の治療”ボツリヌス療法”も行っています。光がまぶしい・まばたきの回数が多くなった・片目をつぶる・口元やまぶたがピクピクするなどの症状が続くことがありましたら、ご相談ください。

痛みは辛いものです。慢性の痛みは治療に時間のかかることもありますが、気長に根気強く治療してまいります。「痛み」でお困りの方は、当科にご相談ください。

担当医

  • 清水 直子
    清水 直子
    【専門分野】
    麻酔科
    【所属学会・認定医・専門医】
    日本麻酔科学会専門医
朝日野会