診療案内 (東棟・新東棟)

整形外科

●日本整形外科学会 専門医制度研修施設●

整形外科では、県内外の医療機関と連携し、整形外科全般、特に頚椎腰椎など脊椎外科手術は年間100例を超えています。

当院は救急患者の搬送も多く、術前・術後の患者さまはもとより、外来患者さまにも総合リハビリテーションセンターにおいて充実したスタッフや機器で対応致しております。

  
主な手術症例(平成27年4月~平成28年3月)

担当医

  • 野村 一俊
    野村 一俊
    【専門分野】
    整形外科
    【所属学会・認定医・専門医】
    • 日本整形外科学会・代議員
    • 日本整形外科学会・専門医
    • 日本医療マネジメント学会・理事
    • 日本リウマチ学会・功労会員
    • 日本リウマチ学会・専門医
    • 日本関節病学会
    • 日本肩関節学会
    • 日本関節鏡学会
    • 身体障がい者福祉法指定医師(整形外科)
  • 前川 清継
    前川 清継
    【専門分野】
    脊椎外科
    【所属学会・認定医・専門医】
    • 日本整形外科学会
    • 日本整形外科学会
    • 日本脊椎脊髄病学会
    • 熊本脊椎外科勉強会
  • 岡元 勉
    岡元 勉
    専門分野
    一般整形・関節リウマチ
    所属学会・認定医・専門医
    • 日本整形外科学会・専門医
    • 日本リウマチ財団・登録医
    • 日本関節病学会
    • 日本リハビリテーション学会
    • 身体障がい者福祉法指定医師(整形外科)
  • 辻 王成
    辻 王成
    専門分野
    脊椎外科・骨粗しょう症・スポーツ外傷
    所属学会・認定医・専門医
    • 日本整形外科学会・専門医・リウマチ医・
    •       スポーツ医・脊椎脊髄病医・運動器リハビリテーション医
    • 日本脊椎脊髄病学会・指導医
    • 日本臨床スポーツ医学会
    • 日本骨粗鬆症学会
    • 西日本整形災害外科学会
    • 西日本脊椎研究会

常勤医師・非常勤医師7~8名で症状に合わせて対応しております。

脳卒中診療科

当院には脳卒中を担当する科として、脳外科と脳卒中診療科があります。おおまかに、脳出血やクモ膜下出血は脳外科(脳外科医)が診て、脳梗塞や一過性脳虚血発作・失神は脳卒中診療科(内科医)が診るとに分かれています。

脳卒中の約7割が脳梗塞です。脳梗塞は、その“危険因子”である高血圧・糖尿病・高脂血症・心疾患・肥満・喫煙などが原因となり発症する“動脈硬化性疾患”です。脳梗塞を発症する、ということは、全身の動脈硬化も進行していると考えられます。心臓や腎臓、その他の臓器や血管も、痛んでいる場合が多いのです。脳梗塞の急性期の治療は、脳だけでなく全身状態の把握と、合併症の予防ならびに治療も重要です。点滴内容の細やかな管理が予後を左右すると言っても過言ではありません。

脳梗塞発症後は、可能な限り早期からリハビリを開始しています。若くて、脳卒中の知識に通じたスタッフが充実しておりますので、安心してお任せください。また、当院はケア・ミックス型病院です。脳卒中発症後に不幸にして強い麻痺や意識障害が残り、身体が不自由となった患者さまでも、引き続き当院の療養型病棟で療養し、元気にされている方がたくさんいらっしゃいます。

外来には、脳卒中の既往がある方や“脳卒中発症予備軍”とも言える高血圧・糖尿病・高脂血症などを有する方が通院されています。再発予防については、「脳梗塞の予防薬(抗血小板薬や抗凝血薬など)」をただ内服するだけでは不十分で、予防薬の選択と、危険因子のコントロールの良否が鍵となります。

脳梗塞の発症や再発予防についてお知りになりたい方は、どうぞお気軽にご相談ください。納得のいく回答をご用意いたします。

担当医

  • 【出身研究室】
    九州大学第二内科・脳循環代謝研究室
    【専門分野】
    脳卒中、一般内科
    【所属学会・認定医・専門医】
    • 日本内科学会
    • 日本脳卒中学会
    • 日本医療マネージメント学会
    • 日本医師会認定産業医
    • 身体障がい者福祉法指定医師(内科)
    【診療】
    平成3年6月から16年9月末まで、福岡県内の病院で脳卒中を中心とした内科全般の診療を行う。平成16年10月より当院に勤務。
    【研究】
    健診センターのページをご参照ください
    【論文】
    • ”Plasma Homocyst(e)ine concentrations and the risk of subtypes of cerebral infarction: The Hisayama study”(「血漿ホモシステイン濃度と病型別脳梗塞のリスク:久山町研究」・・・欧、Cerebrovascular diseases誌、2002年1月号)
    • “Relation between Plasma Glutathione levels and cardiovascular disease in a defined population: The Hisayama study”(「地域住民における血漿グルタチオン濃度と心血管病の関連:久山町研究」・・・米、Stroke誌、2004年9月号)

脳神経外科

更新中

内科・呼吸器内科

呼吸器内科では、医師4名体制で、外来および入院診療に対応しています。

CTスキャン・MRI・気管支ファイバースコープ・呼吸機能検査・SLEEP STUDY LABOなどの設備を整えています。

急性肺炎・誤嚥性肺炎・肺がん・気管支喘息・COPD(慢性閉塞性肺疾患)・SAS(睡眠時無呼吸症候群)など代表的呼吸器疾患の診療を日常的に行っています。特に、気管支喘息診療・SAS(睡眠時無呼吸症候群)の診断と治療、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の薬物療法とリハビリに重点的に取り組んでいます。

担当医

  • 木山 程荘
    木山 程荘
    【専門分野】
    • 呼吸器疾患全般
    • 喘息・呼吸不全
    • 呼吸器疾患画像診断
    【所属学会・認定医・専門医】
    • 日本内科学会認定医
    • 日本呼吸器学会・認定医・指導医
    • 日本呼吸器内視鏡学会・指導医
    • 日本呼吸器学会・評議員
    • 日本呼吸器内視鏡学会・評議員
    • 日本呼吸器管理学会・評議員
    • 日本内科学会・元評議員
    • 日本臨牀内科学会
    • 日本肺癌学会
    • 日本結核病学会
    • 身体障がい者福祉法指定医師(呼吸器科)
  • 伊藤 清隆
    伊藤 清隆
    • 呼吸器疾患一般を担当しますが、呼吸器感染症、気管支喘息をはじめとしたアレルギー性呼吸器疾患、COPD、職業性肺疾患などの経験が豊富です。お気軽にご相談下さい。
    【専門分野】
    • 呼吸器一般
    • 感染症
    • 職業性肺疾患
    【所属学会・認定医・専門医】
    • 日本呼吸器学会指導医
    • 日本感染症学会・インフェクションコントロールドクター
    • 難病の患者に対する医療等に関する法律指定医:内科・呼吸器内科
    • 身体障害者福祉法第15条第1項指定医:内科
    • 地方じん肺審査医(熊本労働局)
  • 島津 和泰
    島津 和泰
    【専門分野】
    • 呼吸器内科
    • 内科
    【所属学会・認定医・専門医】
    • 日本呼吸器学会・呼吸器指導医・専門医
    • 日本内科学会・内科認定医
    • 日本結核病学会
    • 日本呼吸器内視鏡学会

リウマチ内科(血液内科/リウマチ膠原病科)

内科一般を担当します。 サブスペシャリティとして血液疾患 膠原病や 関節リウマチの治療を専門としています。
特に原因不明の発熱「不明熱」や原因不明の疼痛の診療を行っています。2週間以上続く発熱や原因のはっきりしない痛みが継続する時にはご相談下さい。

担当医

  • 清川 哲志
    清川 哲志
    【専門分野】
    • 内科一般
    【所属学会】
    • 医学博士
    • 日本内科学会
    • 日本血液学会
    • 日本マネジメント学会 評議員
    • 日本シミュレーション学会
    【認定医・専門医】
    • 外国人医師臨床研修指導医
    • 日本シミュレーション学会指導医

総合内科

総合内科では感冒、肺炎、気管支喘息、胃腸炎、インフルエンザ、高血圧症、貧血などの日常よくみられる病気の診療を行っています。

臓器からの視点だけでなく、全身を機能的に診るよう心掛けておりますので、複数の内科的疾患の治療が必要な方にもなるべく対応いたします。

また、特殊な検査や高度医療を必要とする場合は、当院各専門科や他の医療機関とも連携を図っております。

担当医


  • 新堀 俊文
    【専門分野】
    • 内科一般
    【所属学会・認定医・専門医】
    • 日本内科学会・認定内科医・総合内科専門医
    • 日本呼吸器学会
    • 日本感染症学会
    • ICD制度協議会・インフェクションコントロールドクター
    • 身体障害者福祉法指定医師(呼吸器科)

循環器科

担当医

  • 緒方 康博
    緒方 康博
    【専門分野】
    • 循環器内科

睡眠時無呼吸外来

睡眠時無呼吸外来

「いびき」を軽く考えていませんか?「睡眠時無呼吸症候群」のサインかもしれません。以下のような症状があれば、受診をおすすめします。

  • いびき
  • 起床時の倦怠感・頭痛・のどの渇き
  • 朝の目覚めがすっきりしない
睡眠時無呼吸外来について

女性専門外来

当院では、平成16年10月1日より女性専門外来を開設しております。“なんだか調子がよくないけれど、体の病気なのか心の病気かわからない、でも心療内科や精神科を訪れるのは抵抗がある。”等々、女性なら誰でも一度は感じる心と体の不安に、傾聴と共感をもって診療させていただいております。

当院での受診時の訴えは、イライラや不眠・めまいやふらつき・全身倦怠感・動悸などの不定愁訴を中心とした訴えが多く認められます。その原因としてご家族内のデリケートな問題、例えば子供さんの不登校や夫婦の不和等。あるいは職場内における対人関係のお悩みが浮き彫りとなるケースも多く、じっくり時間をかけてお話を伺うことの重要性を実感いたしております。カウンセリングのみで軽減される場合もありますが、薬剤を処方させていただくケースもあります。ご希望の方には、漢方処方も保険の範囲内で行っております。

時代の変化により女性の体や健康に対する状況は、さらに複雑になっています。当外来では、“おしゃべり外来”の感覚で女性の心と体の問題に対応いたします。“こんなこと話してもいいのかな?”と一人でお悩みにならず、まずは気軽にご相談していただければと思います。

診療時間

月曜日・木曜日13:30~16:00(完全予約制)
※都合により、当面は再診の方を優先させて頂きます。

担当医

  • 千住 みどり
    千住 みどり
    【専門分野】
    • 心療内科
    • 一般内科
    • 女性専門外来
    • ストレス外来
    【所属学会・認定医・専門医】
    • 日本内科学会・認定医
    • 日本心身医学会
    • 日本東洋医学学会
    • 日本臨床催眠学会
    • 日本ブリーフサイコセラピー学会
    • 医学博士
朝日野会