看護部長挨拶

野中 須奈子 看護部では、「患者様の人権を尊重し、真心を込めた高度な看護サービスを提供します」という看護理念の基、約300余名の看護職員が働いています。新人やブランクのある中途入職の方が安心して働くことができるように、それぞれのスキルに応じたプリセプターが指導します。

 研修は、等身大の成人実習モデル「さくら」を使用した実習、採血模型を使用した演習、高齢者模擬体験グッズでの体験実習、リハビリテーション科のセラピストの指導による移乗や介助動作のオリエンテーション等、他部署の協力も得ながら、講義と演習を組み合わせ、楽しく研修が受けられるように、計画的に行っています。

 その他の院内研修は、経験とレベルに応じたラダー別研修を行っています。オンデマンド研修を取り入れ、研修内容の幅も広がりました。前期・後期2コースのスポット研修では、興味のあるコースの選択ができます。研修は極力勤務時間内に行うようにしています。

 私たちは、身につけた知識や技術を生かし、患者様に、安心して治療が受けていただける様に、患者様や家族に寄り添う看護を心がけています。

朝日野総合病院 看護部長  野中 須奈子

朝日野会