教育体制

 新人看護師には、オリエンテーションプログラム、各部署での指導、プリセプター(新人ひとりひとりへの指導看護師)のサポートを通じ、スムーズに臨床現場に適応できるよう支援します。
 当院は、クリニカル・ラダー制を導入し、各個人の実力を着実に伸ばせる指標を設けています。人事考課制度と連携し、自己啓発、自己研鑽を積みながら主体的に学習し、キャリアプランに沿ってステップアップできる体制となっています。
ラダー制 各レベルの基本コンセプト
レベル
基本的に指導を受けながら自分のことができるレベル - 気付かせてもらう
基本的に自分のことは自分でできるレベル - 自立することが優先
リーダーとしての役割が果たせるレベル - 指導できる
コーディネーターとしての役割が果たせるレベル - 自ら判断し調整・創造と管理的視野の必要性について理解できる

以下の内容の研修を、年間を通して行っています。

新人教育年間プログラム

目的:職場の早期適応と看護実践者としての基本的な能力を取得できる
目標:患者様の安全・安楽を考慮し、根拠に基づいた看護技術が実践できる
プログラム内容はこちらをご覧下さい。

看護師研修

平成25年度 内容 目的
4月 看護部組織について 看護部活動について理解する
5月 感染対策① 感染予防の基礎知識を知る
6月 リスク ① リスクについて知る
7月 褥瘡 ① 褥瘡について知る
8月 接遇① 接遇について知る
9月 災害看護 災害看護について知る
10月 褥瘡 ② 褥瘡について学ぶ
11月 リスク ② リスクについて学ぶ
12月 感染対策 ② ウィルス感染対策について
1月 接遇② 接遇について学ぶ
2月 看護研究発表 ①②③ ④⑤⑥
3月 看護研究発表 ⑦⑧⑨

シリーズ研修

平成25年度 内容
前期 1)フィジカルアセスメント<対象:レベルⅡ~Ⅲ>
 5月:フィジカルアセスメントとは~  急変時①
 6月:急変時②    ~ショック対応~
 7月:循環・呼吸について
 8月:腹部について
 9月:頭頸部について
 10月:実技
2)認知症<対象:全レベル>
 5月: 認知症の基礎的な知識
 6月:症状に対する対応、社会資源の活用について
 7月: 認知症の病態生理
 8月:認知症の予防
 9月: グループワーク
 10月:まとめ・振り返り
後期 3)ECG<対象:レベルⅡ~Ⅳ>
4)メディエーター<対象:管理者>

看護ヘルパー研修

平成25年度 内容 目的
4月 看護部組織について 看護部活動について理解する
5月 感染対策① 感染予防の基礎知識を知る
6月 リスク ① リスクについて知る
7月 褥瘡 ① 褥瘡について知る
8月 接遇① 接遇について知る
9月 認知症 認知症患者の接し方
10月 嚥下 摂食介助について
11月 排泄 オムツの使用方法
12月 ケア―プラン ケア―プランの立て方
1月 接遇② 接遇について学ぶ
2月 アンビューバックの使い方 アンビューバックの使用方法
3月 ケア―プラン発表

朝日野会