がん治療を受けられている患者様へ
温熱療法(ハイパーサーミア)のご案内

Ⅰ.温熱療法(ハイパーサーミア)とは

 がんに対する温熱療法のことで、がん細胞は42.5度以上に上がると死滅する事を原理としています。

 更に、化学療法、放射線治療、免疫療法や、(*1)高気圧酸素療法などを組み合わせて、治療効果を増強させます。
 化学療法では、抗がん剤を減量して副作用を軽減することも可能です。
 また、(*2)NK活性などの自己免疫力を増強する効果も期待できます。 
  注(*1) 令和元年9月開始予定
   (*2) ナチュラルキラー細胞が、がん細胞などの標的細胞を認識し破壊する能力

Ⅱ.温熱療法(ハイパーサミア)の方法

 がん細胞は、熱に弱く、温まり易く冷めにくい性質を利用して、がん細胞を選択的に加温し、死滅させる治療を行います。

Ⅲ.温熱療法(ハイパーサーミア)の適応となるがんの種類

 脳・眼球を除くすべての部位が適応となります。
 但し、白血病などの血液由来の悪性腫瘍には適用外です。

Ⅳ.治療を希望される方に

 治療を希望される場合は、先ずは泌尿器科外来にお問い合わせ下さい。

 お問い合わせ ☎(096)344-3000(代表)
         平日 午前9時~午後4時

 なお、温熱療法の治療は、完全予約制とさせて頂いております。

  
朝日野会