病院長挨拶

野村 一俊  昨年度は、新型コロナ感染症と共に始まり、医療機関ではマスクをはじめ個人防護具が手に入り難くなる中、院内感染を起こさないために緊張の日々が続きました。そして、緊急度の低い手術の延期、受診抑制による外来受診者・入院患者の減少により、これまでにない経営危機に陥りました。
 今、新型コロナウイルス感染症は、医療、経済をはじめ、世の中のあらゆるものに多大な影響と変化をもたらしています。人と人との接触を避けるためにテレワークが進められ、殆どの会合、学会や研究会、研修会がWeb開催となっています。3月、4月の歓送迎会、花見なども昨年から中止となり、懐かしささえ感じるようになりました。感染対策のためには仕方がありませんが、人と人との繋がりが次第に「疎」状態となっている様に感じます。
 マスクをつけることが当たり前の生活になりましたが、しかし、対話は言葉だけのやり取りではなく、表情のやり取りが組み合わされて成立するものであることを今更乍ら強く感じています。
 ワクチン接種が医療者から始まりました。接種が広く行われ新型コロナウイルス感染症が収束に向かい、直ちにマスクを外すことは出来なくても対面での会合等が自由となり、経済が活性化し、本来の医療が取り戻せることを心から願っています。
 当院は、高齢社会の複雑化した医療ニーズに幅広く応えるべく急性期、回復期、維持期、緩和ケアの病棟を設置し、基幹病院、地域の医療機関、介護福祉施設各位と協力しながら幅広い医療を提供出来るように努めて参りました。
 そして此度、令和元年より建設を進めておりました新救急・手術棟が本年4月に完成し、5月中に運用開始予定です。大規模災害時などに備えヘリポートも設置致しました。救急医療、災害医療に於いても基幹病院を補完できるように体制作りを図って参ります。
 今年も、当院が地域で果たすべき役割を追求すると共に、医療の質向上に向け、職員一同奮励努力致して参りますので、これまで同様、ご指導ご交誼の程宜しくお願い申し上げます。

                               
令和3年4月

朝日野総合病院 病院長 野村 一俊

朝日野会