リレー・フォー・ライフ・ジャパン2019
くまもと


「リレーフォーライフくまもと2019」が5月18日(土)、19日(日)に中央区草葉町にある白川公園で開催され、当院も昨年に引き続き2回目の参加をさせて頂きました。
 当日は生憎の雨模様の中、多くの参加者と共に公園の周回コースを歩きました。
 リレーフォーライフとは、1985年に一人の医師が「がん患者は24時間がんと向き合っている」という想いを共有し支援するために、競技場のトラックを24時間走り続け、アメリカ対がん協会への寄付を募ったことから始まりました。〝ともに歩き、 語らうことで生きる勇気と希望を生み出したい“というイベントは、熊本では今回9回目の開催となりました。
 当院のブースでは、昨年に引き続きアロマスプレー作り体験、管理栄養士による栄養相談や、リハビリテーション科のスタッフによるロコモチェックを実施しました。
 昨年は準備していたアロマスプレーボトルがすぐに完売してしまいましたので、今年は2倍の数を用意しましたが、130名を超える方が当院のブースへ足を運んで頂き、2日目の朝には完売してしまいました。2年連続来ていただいた方も多く大変盛況となりました。
 参加スタッフ一同これからもがんと闘うことを心に誓い、がん患者サポートチーム、緩和ケア病棟スタッフを中心として地域のがん医療にさらなる貢献をして参る所存です。





朝日野会