朝日野総合病院「緩和ケア研修会」

 5月28日(土)午後から、多数の外部の方々にご参加頂き、当院の多目的ホール“さんほーる”にて「朝日野総合病院・緩和ケア研修会」を開催いたしました。
 先ずは、緩和ケア病棟師長より「朝日野総合病院・緩和ケア病棟の紹介」において、当院の緩和ケア病棟の説明や取り組みなどを発表いたしました。
 続いて、国立病院機構熊本医療センター 腫瘍内科部長 境健爾先生より特別講演「熊本県がん診療連携の現状と課題~QOL管理・緩和ケアを中心に~」を行って頂きました。“がん診療の概要・特徴”、“コミュニケーションの重要性”や“真のチーム医療・連携”に関する大変示唆に富んだ内容で、参加した当院職員にとっても大変有意義な講話でした。
 最後に、多くの外部の方々が当院の緩和ケア病棟の見学会に参加して頂きました。
 当院は、平成24年春に眺望の良い台地に第3北棟を建設し3階に緩和ケア病棟(21床)を開設しております。
 今回の緩和ケア研修会を機会に、より一層「顔の見える連携」を目指し、地域の皆様方に信頼される緩和ケア病棟を運営して参りたいと存じます。

朝日野総合病院
朝日野総合病院
朝日野会