検査オプション

検査項目 検査内容・目的
婦人科 マンモグラフィー
・視触診
専用のレントゲン装置で乳房をはさんで内部組織を撮影します。
触診だけでは分かりにくい初期乳がんの発見に有効です。
子宮頚部細胞診 子宮頚部より細胞を採取し、異常な細胞がないか検査します。
子宮頚がんの早期発見に有効です。
骨密度測定 骨粗鬆症の検査です。
過度のダイエット経験者・閉経後の女性に多く見らる症状です。
消化器 便潜血検査
(2日法)
便に血液が含まれていないか調べます。大腸がんの早期発見に有効です。
上部消化管内視鏡 口からカメラを挿入し、食道・胃・十二指腸を直接観察します。
胃炎・潰瘍・ポリープなどの病変が発見できます。
胃部透視検査 バリウムを飲み、専用のレントゲン装置で胃を透視撮影します。
腹部超音波 肝臓・胆のう・すい臓・腎臓・脾臓・前立腺・子宮に腫瘍や結石、ポリープ・脂肪肝などの異常がないかを検査します。
呼吸器 胸部CT 肺の断層写真を撮影します。
レントゲンでは発見が困難な早期肺がんの発見に有効です。
喀痰細胞診 喀痰の中にがん細胞などの異常な細胞がないか検査します。
肺がんの発見に有効です。
循環器 心臓超音波 超音波で心臓が正常に動いているか調べます。
不整脈・奇形・逆流などの発見に有効です。
脳検査 頭部MRI
(MRA)
頭部CT検査より更に詳しく検査できます。
頭部MRI検査では、脳梗塞、脳腫瘍、脳出血などの疾患が発見できます。また、頭部MRA検査では、造影剤なしで脳動脈瘤やその他の脳血管疾患などが発見できます。
頭部CT 脳の断層写真を撮影します。
脳梗塞・脳腫瘍・脳出血などの疾患が発見できます。
動脈硬化 ABI検査 動脈の硬さや詰まりを調べます。
血管年齢(動脈硬化の進行度)がわかります。
頚部超音波 超音波で頚動脈の状態を観察し血流を測定します。
動脈硬化の進行度がわかります。
肝炎検査 B型肝炎 HBs抗原・HBs抗体の有無を調べます。
陽性であればB型肝炎の感染・または過去の感染が疑われます。
C型肝炎 HCV抗体の有無を調べます。陽性であればC型肝炎の感染が疑われます。
腫瘍マーカー
(血液検査)
CEA がん発見のための補助的な検査です。
高値だと消化管の腫瘍が疑われます。
PSA がん発見のための補助的な検査です。
高値だと前立腺がん(中高年男性に高頻度で発生)が疑われます。
CA125 がん発見のための補助的な検査です。
高値だと卵巣がんが疑われます。
朝日野会