人工透析センター

 人工透析センターは、総合病院システムの中で、患者さまの疾病に応じた各診療科との連携により、あらゆる状況に対応できる機能を有し、活動しています。
 アットホームで明るい元気なスタッフが心遣い・おもてなしで、安心・安全な透析治療を提供します。

 入院治療もお引き受け致しております。
 ご希望の方は下記へご相談ください。
  <相談窓口> 医療相談・地域医療連携室 
  TEL(代表)096-344-3000
  FAX(直通)096-341-5727


診療時間

2階透析センター(外来)
午前 8:00~ 病棟管理
(緊急透析)
8:00~ 病棟管理
(緊急透析)
8:00~
午後      

 

3階透析センター(入院)
午前 8:00~ 病棟管理
(緊急透析)
8:00~ 病棟管理
(緊急透析)
8:00~
午後 12:00~ 12:00~ 12:00~

設備

2階透析センター(外来):ベッド数26床(食事スペースあり)
水処理装置 三菱レーヨンW-RO 1台
透析液供給装置 ニプロNCV-V 1台
透析患者監視装置 ニプロNCV-2E 21台
ニプロNCV-2G(オンライン透析装置) 5台
計26台
備考 ニプロ 熱水消毒システム

 

3階透析センター(入院):ベッド数28床(内個室2室)
水処理装置 JMSピュアフローPF-802 1台
透析液供給装置 JMSピュアラー02 1台
透析患者監視装置 JMS GC-10 8台
JMS GC-210 7台
JMS GC-110N 10台
日機装 DCS-100NX 1台
個人用透析装置 JMS SDS-30 1台
計28台
備考 JMS ループ配管システム
  1. 他の診療科と連携し、様々な合併症に対応します。
  2. シャントトラブル、閉塞にすぐ対応(シャント作成・PTA・長期留置カテーテル作成可能)
  3. 退院後のサービスが充実(居宅・デイケア・訪問看護・リハビリとの連携、ショートステイ可能)
  4. 血液浄化・LDLアフェレーシス治療を行っています。
  5. 安定した入院加療が可能です。
  6. 透析専門医により、安心な医療を提供します。

最新高度な透析装置を導入し、透析液を使用した全自動システム及びオンラインHDFを開始致しました。又、透析液清浄化管理を綿密に行い、透析液水質確保加算2を取得しクリーンな透析液を供給しております。

これらは患者さんのQOL向上(手根管症候群の発症延滞・赤血球造血刺激因子不適応の改善・炎症反応と栄養状態の改善・血清β2-MGの低下等)につながります。

今後も質の高い透析医療を提供できるように管理を行っていきます。

その他設備

ゆったりとした透析患者さま専用食事ラウンジや、専用ロッカー付更衣室・シャワー室を完備しています。
また、送迎も致しておりますので、ご希望の方はお気軽にご相談ください。


食事ラウンジ

更衣室

担当医

  • 伊東磁郎
    伊東 磁郎
    【専門分野】
    腎臓内科
    【所属学会・認定医・専門医】
    • 日本内科学会・認定医
    • 日本腎臓学会・専門医
    • 日本透析医学会・専門医
    • 日本人工臓器学会
    • 日本糖尿病学会
    • 更生医療指定医
    • 身体障がい者福祉法指定医師(腎臓)
    • 古閑 博子
      古閑 博子
      【専門分野】
      腎臓内科
      【所属学会・認定医・専門医】
      • 日本内科学会・認定医
      • 日本腎臓学会・専門医
      • 日本透析医学会・専門医
朝日野会