一般事業主行動計画

朝日野総合病院では「次世代育成支援対策推進法」に基づき、全職員が働きやすい環境を作ることにより、十分に能力が発揮できるようにする為、次の行動計画を策定しました。

計画期間 平成27年4月1日 ~ 平成32年3月31日 5年間
内容
目標1 育児の為の時差出勤制度の利用者を増やす。
【対策】
  • 平成27年4月~:ニーズ調査及び過去3年間の利用状況調査
  • 平成27年6月~:会議・委員会等で職員への周知、管理者への啓発活動
  • 随時:産休・育休の申し出を受ける際、上記制度について説明
目標2 育児の為の所定外労働時間免除制度の利用者を増やす。
【対策】
  • 平成27年4月~:実態調査
  • 平成27年6月~:会議・委員会等で職員への周知、管理者への啓発活動
  • 随時:産休・育休の申し出を受ける際、上記制度について説明
目標3 年次有給休暇の取得を促進する。
【対策】
  • 平成27年4月~:取得状況の把握
  • 平成27年6月~:会議・委員会等で職員への周知、管理者への啓発活動
  • 年2回、部署の有休取得率を責任者へお知らせする。


朝日野総合病院では「女性活躍推進法」に基づき、女性が職業生活でその希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備する為、次の行動計画を策定しました。

計画期間 平成28年4月1日~平成33年3月31日
課題 採用における男女別競争倍率、管理職に占める女性の割合、労働時間の状況等に関し、特に問題はなかったが、事務部門において、女性の勤続年数が男性に対し、僅かに7割に満たないことが分かった。
目標 全職種において男性に対する女性の平均勤続年数を80%以上にする。
対策① 定期的な職員への意識調査(仕事のやりがい等に関するもの)の実施と改善策の実行
  • 平成28年4月~:意識調査の内容検討
  • 平成28年7月~:職員への意識調査の実施
  • 平成28年10月~:改善策の実行、管理職への周知
対策② 業務体制の見直しとフォロー体制の構築
  • 平成28年4月~:装備面や職場環境等の課題の検討
  • 平成28年7月~:課題に基づき、職場環境の改善実行
  • 平成28年10月~:新しい環境を生かした働き方について、管理職を対象に周知、必要に応じて研修を実施
対策③ 未経験者に対する教育体制の見直し
  • 平成28年4月~:指導・教育体制の把握及び課題検討
  • 平成28年7月~:相談窓口を設置、指導・教育体制の改善及び再構築に取り組む


女性活躍推進法に基づく情報公表(平成29年3月末日現在)

項目 割合
採用した労働者に占める女性労働者の割合 79.3%
朝日野会