一般事業主行動計画

朝日野総合病院では「次世代育成支援対策推進法」に基づき、全職員が働きやすい環境を作ることにより、十分に能力が発揮できるようにする為、次の行動計画を策定しました。

計画期間 令和2年4月1日 ~ 令和7年3月31日 5年間
内容
目標1 育児の為の時差出勤制度の利用者を増やす。
【対策】
  • 令和 2年4月~:ニーズ調査及び問題点の把握
  • 令和 2年6月~:会議・委員会等で職員への周知、管理者への啓発活動
  • 随時:産休・育休の申し出を受ける際、上記制度について説明
目標2 年次有給休暇取得に関し、職種間の差を少なくする。
【対策】
  • 令和2年4月~:取得状況及び問題点の把握
  • 令和2年6月~:(有給取得が少ない職員に対し)有休5日/年取得に加え、
            プラス1日取得の推進
  • 令和2年6月~:会議・委員会等で職員への周知管理者への啓発活動
    部署の有休取得率を責任者へお知らせする。(不定期、年2回目標)


朝日野総合病院では「女性活躍推進法」に基づき、女性が職業生活でその希望に応じて十分に能力を発揮し、活躍できる環境を整備する為、次の行動計画を策定しました。

計画期間 令和3年4月1日~令和8年3月31日

1 課題:役職者に占める女性の割合が低い部署(職種)がある。

目標 女性の割合が極端に少ない部署について、現状プラス1名を目指す。
対策 ① 育児休業復帰者への支援
  • 令和3年4月~:
    子育てと仕事の両立に不安をもつ職員に対し、希望があれば産休・育休を経験した職員から
    話を聞く機会を作る。
② 育児短時間制度・時差出勤等の活用促進   
  • 令和3年4月~:
    管理職を対象に多様な働き方について周知、必要に応じて研修の実施、対象者への説明の
    徹底。
  • 令和3年5月~:職場環境の改善実行


2 課題:職種により有給休暇取得率にばらつきがみられる。

目標 全職種につき有給休暇取得率60%以上を目指す。
対策 ① 職場環境の改善
  • 令和3年4月~:
    管理職を対象に有休を取得しやすい環境整備について研修実施。
② 有休取得率について、会議又はイントラネットにおいて年2回お知らせする。  


女性活躍推進法に基づく情報公開(令和3年3月末日現在)

【採用した労働者に占める女性労働者の割合】
部署 男性 女性
医局 0% 100%
看護部 16% 84%
技術部 38% 62%
事務部 31% 69%

【有給休暇取得率】 74%

朝日野会