リハビリテーション科

地域の皆様にご支援いただけるリハビリテーションを目指して職員一同努力いたします。
幅広い対応を行うためにPT(理学療法士)、OT(作業療法士)、ST(言語聴覚士)が連携し
患者様をサポート致します。



診療案内

 患者様・利用者の立場に立った対応を行い、安心して最善のリハビリを受けて頂ける様に心掛けています。PT・OT・ST・病棟スタッフが一丸となり全てに対してサポート致します。摂食・嚥下障害に関しても、嚥下評価を行い栄養面からもアプローチしています。

 患者様の入院生活だけでなく、訪問リハビリ提供で退院後の在宅生活も支援しており、住み慣れた地域で健康に過ごせるように介護予防や健康教室にも力を入れています。また、小児の言語障害・構音障害・嚥下障害に対しても積極的にリハビリを行っています。

各科紹介

理学療法士
 主に「寝返る・起き上がる・座る・立つ・歩く」等の基本動作獲得や身体機能(筋力や関節の動き)の回復を図ります。またホットパックや電気等の物療機器を使用し痛みの軽減や、福祉用具・義肢装具選定、調整等を行ない退院後の生活まで支援していきます。
作業療法士
 入院患者様、外来患者様に対し作業活動や機能訓練を用いたリハビリテーションを提供しています。
 必要に応じて患者様の日常生活に関与する動作や、普段の生活での余暇活動などを訓練に取り入れ、入院生活および自宅での生活に楽しみや生きがい、やりがいを持っていただくよう支援していきます。
言語聴覚士
 『言葉』『声』『聴こえ』『認知』など、私たちがコミュニケーションを取る上で、重要な機能に障害のある方に対して、専門的にリハビリテーションを行います。また、摂食嚥下障害にも対応致します。

施設基準

  • 脳血管疾患等リハビリテーション(Ⅱ) 平成21年5月1日 取得
  • 運動器リハビリテーション(Ⅰ) 平成20年4月1日 取得
  • 呼吸器リハビリテーション(Ⅰ) 平成20年4月1日 取得

リハビリテーションフロアー図
十善病院